ムートンブーツも自分で洗える?ブーツ種類別の洗い方をまとめました。

ブーツのお手入れはプロの任せるべき!

本当はブーツのお手入れを自分でするのはリスキーです。

 

素材の違いはもちろんの事、シミや型崩れ、素材が傷む恐れがあるからです。

 

どんな靴でも言える事なのですが、ブーツなどの高価な靴は間違った方法で清掃すると、最悪、見栄えが悪すぎて履けなくなったり、シミや素材の味が台無しなってしまいます。

 

 

そうならないためにも、靴のクリーニングなど専門業者でお手入れをしてもらうのが無難です。

自分でブーツを清掃・手入れする場合、種類別に解説します。

 

そんな大掛かりなお手入れをするんじゃなくて、毎日軽くお手入れをして大事にブーツを履きたいという場合は以下の方法がベストでしょう。

 

まずは、清掃道具を揃えます。

 

  • ブラシ
  • 汚れ落とし革用
  • 艶出しクリーム革用

 

 

ブーツのお手入れにはブーツ用シューキーパーがあると、劇的にやりやすくなります。

 

 

ビジネスマンが多く履いている革靴が多いですよね。

 

簡単なお手入れは方法は、

  • ブラッシングで汚れを落とす。
  • 布で軽く拭く。
  • 艶出しクリームを薄く塗る。
  • 乾燥させる。日陰で干す。

 

ムートン

UGGやエミューが人気のムートンブーツは、素材が柔らかいので、ブラシも馬毛ブラシを使うのが良いでしょう。

 

また、素材によってはリアルムートンとフェイクムートンに分けられ、リアルムートンは羊の毛皮で作られているもの、フェイクムートンは化学繊維で羊の毛皮に似た合成素材で作られたものです。

 

リアルムートンの場合は、自分でのお手入れは汚れを落とす程度に留めて、大きな汚れの場合はプロにおまかせしましょう。

 

フェイクムートンの場合、中性洗剤を薄めた水に付けて、軽く揺らすくらいのつけ置き洗いが良いです。
その際に絶対にもみ洗いや、強く擦ったりすると型崩れの原因になるので、軽く揺するくらいで大丈夫です。

 

まんべんなく中性洗剤を薄めた水がフェイクムートンに行き渡ると、水を入れたバケツで洗剤を落とします。
その際も、もみ洗いなどの強く洗うの避けましょう。

 

バケツの水に洗剤の泡がなくなるまで、何度も水を交換しつつ洗い流します。

 

洗剤がなくなったら、タオルでフェイクムートンを包み込むように水分を取ります。
かなり、タオルが必要になります。

 

その際、抑え拭きや強く吹き上げると、型崩れが起こるので注意します。

 

表面上、水分がなくなってきたら、陰干しで完全に水分がなくなるまで干します。

 

その際にはシューキーパーを入れて型くずれを防ぎます。
シューキーパーがなければ、版画に靴下を巻きつけた代用品などでもOKです。

 

とにかく、ムートンブーツは型崩れを起こしやすいので注意しておきましょう。

 

 

スエード

 

汚れを取るためにブラッシングします。

 

スエードのきれいな毛並みを揃える為に流れに沿ってブラッシングすると良いです。
ブラッシングする時には、スエードの毛並み感を損なわないように、ブラシの硬さには注意しましょう。
あまり硬すぎると、スエードの表面傷つき、見栄えが悪くなります。

 

ブラッシングのコツは、毛並みに逆らってブラッシングすると、汚れが落ちやすくなり、毛並みに沿ってブラッシングすると、見栄えが良くなります。

 

スエード専用の消しゴムもあり、消しゴムの要領で汚れを浮き出す事ができます。
スエードの毛並みがぼろぼろになる場合もあるので、注意しましょう。

 

スエードの水洗いは個人的にはおすすめしません。
なぜなら、シミになったり、洗い終わってから色ムラが発生したりするからです。

 

水洗いを希望する場合は、プロにやってもらうの無難です。

 

 

ブーツのお手入れは毎日するのが基本です。

ブーツは高級品ですが、毎日お手入れする事は面倒くさいはずです。

 

ただし、これだけは頭に入れておいて下さい。

 

 

靴の中でブーツが一番、足が臭くなりやすい。

 

 

ブーツは湿気や汚れを溜め込みやすい靴ですが、汚れも溜め込みやすく、更にお手入れに気を使います。

 

その為、シーズンインやシーズンオフでは一度、靴のクリーニングをすると良いでしょう。

 

カビや、汚れ、ブーツのニオイが取れるので靴のクリーニングはおすすめです。

 

 

宅配ですべて行なってくれるリネットは使い勝手が良くて、町中で靴のクリーニングをやる値段と、そこまで大差ないと思います。

 

また、2足,3足と一回あたり複数利用とかなりの値引率ですよ。

 

 

 

 

公式サイトはコチラ

 

 
トップページ ニオイケアの原因 ブーツ種類別の洗い方