足のニオイケアで見落としやすい原因とは?

足の角質がニオイの原因かもしれない事をご存知ですか?

足のニオイケアをしているのに、まったく効果がないと嘆いている方がいますが、

 

足の角質はしっかりケアできていますか?

 

 

足の汗を抑える事や、靴や足の汚れを抑え清潔にする事自体は効果があるのですが、それでも臭くなるという事は
違う原因があるためです。

 

その原因の多くが足の角質が厚くなったり、ボロボロと剥がれ落ち、靴の中で汚れとして蓄積していく事で雑菌が繁殖しやすい状態になります。

 

 

足の角質は、靴の中で雑菌のエサとして繁殖スピードを劇的に上げるニオイの隠れた原因です。

 

 

そもそも、角質って何?なぜ、角質が原因で臭くなるの?

 

角質とは、皮膚の一番外側にある皮膚組織で熱や紫外線、外からの刺激から守ってくれる皮膚の一部です。

 

 

足の角質は、歩いたり、走ったり、常に圧迫や刺激を与えているため、角質が厚くなりやすいのも特徴です。

 

また、外反母趾や歩き方の影響で、足の裏にタコができたりする場合もありますよね。

 

そういったタコや、足の指関節、足の裏の圧力がかかる箇所というのは角質が厚いです。

 

特にカカトは、角質が厚くなルのはイメージできると思います。

 

 

年齢を重ねるごとに角質が厚くなる。

 

 

角質が厚くなるのは、刺激や圧力だけが原因ではありません。

 

肌は日々、再生を繰り返しています。

 

「ターンオーバー」とも呼ばれ、言い方を変えると、新しい細胞が生まれるという事です。

 

しかし、歳を重ねるごとに肌のターンオーバーは減少していき、死んだ細胞が身体に溜まりやすくなるんですよね。

 

その結果、肌の角質が溜まる現象「角化」が進んでしまいます。

 

 

 

 

 

足裏には皮脂腺がほとんどない

 

 

皮膚組織には肌を守る保護膜の役割がある皮脂が分泌されます。

 

しかし、足裏には皮脂腺が、ほとんどないといった状態です。

 

そうなると、どうなるか?

 

足の皮膚は乾燥しやすくなり、足の角質も乾燥しやすくターンオーバーしにくくなるのです。

 

その為、角質が足裏の皮膚に溜まり、ニオイの原因と変化していきます。

 

 

また、足裏の汗が出やすいのは、皮脂腺がない為、身体が足を乾燥から守ろうと、過剰に汗をだし乾燥から守ろうとする働きがあるのも特徴です。

 

 

角質が厚くなると、雑菌が角質に住み着きやすくなる。

 

 

厚くなった角質は、ひび割れを起こしたり、細胞が死んでいるために雑菌の温床となります。

 

 

細かい皮膚のひび割れの中に雑菌が潜り込みやすく、お風呂で足をしっかり洗っても、雑菌を取り除きにくいのも特徴です。
ですので、お風呂で足を洗ったけど、すぐに足が臭くなる。といった現象は、実は足の雑菌がまだ足裏にいた可能性が高い場合もあります。

 

 

 

 

足の角質ケアを行う重要性に気づいてもらえましたか?

 

次では、角質ケアの方法について述べていきます。

 

 

 

 

 

足の角質ケアには、どんな方法がある?

足の角質ケアには、いろいろな方法がありますが、どのような特徴があるのでしょうか。

 

なるべく足を人に見られたくない場合や、すぐに角質を落としたい方など、どうやって角質を落としたいか様々です。

 

ここでは、角質を落とす方法をご紹介しています。

 

 

フットケアサロンに行く

 

急ぎで足を綺麗にしてもらいたい、ヒールや素足を人に見せる場合や、自分で角質ケアをするのが不安な方におすすめです。

 

しかし、自分の足をフットケア店員に見られることすら恥ずかしい方や、だいたい5000円〜となっていますのでお金がかかります。

 

 

角質ケアを自分で行う

 

角質ケアを自分にで行なう場合、角質ケアグッズを使いますが、種類がいくつかあります。

 

ジェル・スクラブタイプ

お風呂に入っている最中に足をマッサージしながら角質を落とすタイプです。
ジェルやスクラブ成分に皮膚を柔らかくする成分が配合されていて、ゆっくりと角質を落とします。
期間は大体、1週間〜1ヶ月程度はかかるので、時間がある人や、肌を痛めたくない人向けです。

 

カミソリ・ヤスリタイプ

 

硬くなった角質、皮膚を直接カットしたり、削り落としたりするタイプです。
ガチガチに硬い皮膚や、タコ、魚の目など出っ張った角質を取りたい場合に購入される方が多いですが、
角化が進んだ皮膚はひび割れや、皮膚の状態が悪いので、あまりおすすめできません。
使う場合は、細心の注意を払う必要があります。

 

 

ピーリング・つけ置きタイプ

 

角質を柔らかくする成分が配合された専用液に足を一時間くらいつけて置くと、面白いくらいに角質が剥がれ落ちてくる足をつけ置きするタイプです。

 

つけ置きタイプを使うと足が固定されて、一時間位は動けないので時間を確保できる時にしましょう。
また、つけ置きタイプは肌への刺激も強いものが多く、様子見しながら使うものではなく、一回使うと最後まで肌に合うのかわからないので、パッチテストで肌に合うかは確認しておくべきです。

 

 

 

 

 

足のニオイケアと角質ケアを同時にやると効果倍増!

足のニオイがなかなか改善しない場合はニオイケアと同時に角質ケアもするのがポイントです。

 

特に20〜30代あたりの年齢からは角質が溜まりやすくなり、4,50代では目に見えるほど足がガサガサしている人も多いはずです。

 

 

足のニオイで悩んでいる人の多くは、足の角質ケアを見逃している人が多いのです。

 

 

足のニオイと角質ケアを同時に改善してくれる商品もあります。

 

足の消臭クリームを紹介しているサイトもあるので参考にしてみても良いと思います。

 

 

足の消臭クリームに迷っているなら、これがおすすめ!

 

 

 
トップページ ニオイケアの原因 ブーツ種類別の洗い方